豊胸・バストアップをお手伝いします。プチ豊胸から本格的にバストをA・BカップからCカップ以上にサイズアップする方法までを説明します

豊胸手術の後を大切に

  • 豊胸手術後マッサージで、自然なバストを作ります。
  • 乳房の位置が一致させるには
  • 豊胸手術後はブラジャーは3〜6ヶ月は禁止?

豊胸手術後のマッサージが不要なのは

体内に異物が入ると、そのまわりには被膜(カプセル)が作られます。異物の周り組織に影響が出ないようにするための防衛機能です。

豊胸手術の場合も同じで、バッグのまわりにカプセルができます。 テクスチャードタイプ(表面がざらざら)のタイプのプロテーゼは被膜とバッグの密着度を弱め、間にスペースを作ります。このためカプセル拘縮が起こりにくく、 マッサージが基本的に必要の無い豊胸手術です。

豊胸手術後のマッサージで自然なバストを

スムースタイプ(表面がつるつる)のプロテーゼは耐久性に優れ、豊胸手術マッサージをすることにより動きのある自然なバストができます。

豊胸手術後のマッサージが不十分だと小さく硬いカプセルしかできないので、硬い不自然なバストになります。これがカプセル拘縮といわれるものです。 マッサージは定期的に行っていれば、痛みが伴うのは最初の1〜2回くらいです。 一番よい方法として豊胸手術後の5日目前後から、毎日乳房マッサージする事によって被膜が厚くなる、拘縮する、硬くなる等の不安を避けることができます。

マッサージを4〜6ケ月位続けます。マッサージの力は強いほど効果的です。 他の人の協力してもらう事も力強く効果も大きいです。

乳房の位置が一致をしていない

手術の時に入れた人工乳房の位置がそろっていないためです。 普通、豊胸手術の数日後に胸部の腫れがひくことにより分かります。

豊胸手術後、治療方法を正しく継続しても、位置が測定結果によって、揃っていない現象が3ケ月以上続く場合は再び手術をしなければなりません。

乳房の位置が低すぎたら

乳房の位置が低すぎたり、外を向いている場合は、 ワイヤー付きブラジャーを着ることによって治療することと同じ効果があります。

乳房が低い時は、被膜を縫合手術或いは乳房の凹凸部分を調整します。 それから人工乳房の取り替えをします。

乳房の位置が高すぎたら

人工乳房の位置が高すぎた場合は、胸帯という下着を着ることによりバランスがとれます。但し、24時間着用してなければなりませんが、1ケ月程度着用していれば左右対称の乳房を作ることができます。

乳房が高い時は、被膜切開手術をするか、人工乳房の取り替えをします。
 

ブラジャーは3〜6ヶ月は禁止

これらは、豊胸手術をしたクリニックで若干違いますが、基本的なことです。
  • 軽い運動は1〜2週間後くらい、激しい運動は1ヶ月ぐらいは控える
  • 飲酒・たばこは1ヶ月は控えたほうがいいでしょう。傷の治りを遅くします。
  • シャワーは下半身のみ当日から可能です。全身シャワーは3日目よりOKで、 入浴は7日目より入れます。
  • ブラジャーは3〜6ヶ月は禁止です。ただし豊胸手術後専用のブラジャーやサポート効果のある下着をつけることです。これらは回復を促進するようデザインされています。
整形外科手術後療法ハンドブック
オススメ度
価格:¥ 4,935
発送可能時期:通常24時間以内に発送
このページのトップに戻る
Copyright 2006 豊胸・バストアップは、プチ豊胸から本格的なサイズアップまで All rights reserved.